このすべて懸けて この声で伝えるよ

ヅカにもはまってしまったジャニヲタの独り言

私とジャニーズ

いやー、ジャニーズメドレーですっかり年が明けた感がありますね。

私的には坂本さんと大倉さんが同じチーム分けになってて幸せでした。

さて、ジャニーズメドレーとは全く関係ありませんが、私のジャニーズ歴の詳細版でも載せておこうと思います。

先に謝っておきますが、めっちゃ長いです。

 

 

実は、いちばん始めに好きになったジャニーズは元SMAPの森くんです。

多分TVか何かで見て「この人かっこいい!」って思ってたらすぐに引退ってなって、何それ(゚д゚)!って思ったのを覚えています。

確か、私が小学4年生の頃の話です。

 

そんな消化不良な思いを抱えたまま、今度ジャニーズから新しいグループがデビューするという話を聞いて、見てみて「この人かっこいいしかわいい!!」ってなったのがV6の三宅健くんです。

我が家は小学生のうちはお小遣い制度がなかったので、お年玉とか必死に貯めてたのを使ってMyojoとか買ってました。

学校へ行こう!やアイドルオンステージ、ミュージックジャンプとかよく見てたなぁ。

健くんに冷めてしまったのは、ビジュアル面が原因ですw

確かあの頃の健くんは頭にバンダナ巻いたりいかついアクセサリーをしてて、そんなのしなくてもかっこいいのになぁ、と思ってしまって冷めてしまいました。

 

 

そんな当時中学1年くらいだった私に舞い降りてきた次の天使は、当時ジャニーズJr.だった相葉雅紀くん。

V6やKinKi見てると自然とJr.のことも覚えますしね。

8時だJで「スーパーアイドル相葉ちゃん」って呼ばれてた頃、大好きでした。

嵐としてデビューしてもそのまま応援してました。

私のコンサートデビューは「ARASHI SPRING CONCERT 2001~嵐が春の嵐を呼ぶコンサート~」の広島公演です。

今では信じられないかもしれませんが、そのツアーではファンクラブに入ってなくてもプレイガイドでチケットが買えて、無料招待券まで出ちゃってました。

翌年の「ARASHI SUMMER 2002 HERE WE GO!」も行きましたが、初のアリーナ席で浮かれていたら私の身長が高いことが気に入らなかったらしい後ろの席の人に舌打ちをされてしまった、苦い思い出でもありますw

高校2年生くらいまで嵐ファンだったのですが、冷めてしまった理由は関東限定が多かったから。

ピカ☆ンチの頃、それに関連したイベントなどがやたら関東のみのものが多くて「応援してられるか!」と思った記憶がありますw

あと、このころの彼ってロン毛だったような気がしますが、それが苦手だったのもありますw

今は自担のビジュアルはそんなに気になりませんが、あの頃は私も若かったのね、と思いますw

 

 

2年ほどジャニーズから離れていた時期は当時めちゃくちゃ流行っていたハモネプが大好きでした。

RAG FAIR、INSPi、チン☆パラ、アカッペラーズはライブにも行きましたね。

初コンサートは嵐でしたが、実は初遠征はINSPiでした。

初めて高速バスに乗って福岡に行ったら雪でバスが2時間も遅延してしまうというハプニングもありつつ。

ハモネプ系のライブはライブハウスだったりインストアイベントだったりしたので距離がかなり近くて緊張しまくったのを覚えています。

 

 

ハモネプからジャニーズに戻ってきたのは、ハモネプにはまっていた当時に大好きだったサイト(・・・どんなサイトかはお察しくださいw)の管理人さんがV6にはまっていってるのを日々ブログに書いてらしたからです。

私も改めてV6を見てみたら、再度はまってしまいました。

健くんももちろん好きだったのですが、小学生の時にはわかっていなかった坂本さんのアダルティーな魅力に気づいてしまったのです。

この人めっちゃ歌うまいじゃん!って。

小学生の時は頭がモップみたいだなぁとしか思ってなかったのでw、魅力に気づくのが遅かったなぁと思います。

 

 

関ジャニ∞に興味を持ったのもそのサイトの管理人さんがはまっていったからです。

相葉くんが好きだったこともあってJr.時代も知っていて、デビュー時の新聞記事で苦労してきたけどやっとデビューできたんだなぁと思ってました。

すばるくんとヨコヒナが一緒のグループだ!よかったね!錦戸くんもいる!丸山くんと安田くんってJ家の反乱に出てたよね?8時だJのマラソンで勝っちゃった人だよね?内くんもV.westで知ってるーって思って、あれ?1人だけ知らない人がいるけど誰?って思ってました。

いちばんのキッカケはMステで大阪レイニーブルースを見たからです。

黒い傘に一文字ずつ「大阪レイニーブルース」って書いてあるのを順番に開いていく演出で、だっさーwwwって悪い意味で気になってしまいました。

そこからCDレンタルしたらカップリングの「Heavenly Psycho」がすごくいい曲で「なにこの振り幅!関ジャニ∞めっちゃ気になる!」って思ってしまいました。

そこから過去映像漁ったり「Excite!」買ったりしてたら、名前も知らなかった人がいちばんかっこいいんじゃないか*1ということに気がついて、大倉担になっていました。

そこからもうずっと、大倉担です。

 

 

社会人になってから5年目、初めての新人指導で仕事辞めてやろうかと思うくらいしんどかった時期に職場の先輩にKis-My-Ft2のKis-My-MiNTツアーの広島公演に誘ってもらいました。

先輩は北山担だったのですが、職場ではとてもまじめな先輩が北山さんの舞台のために横浜まで遠征したりデビューツアーに一人で参戦したりしていたので、そこまで先輩を夢中にさせる北山さんやKis-My-Ft2を一回見てみたい、という軽い気持ちで行ってみました。

ネタバレも何も見ずに行ったのですが、藤ヶ谷さんの「Love meee」のベッドが飛ぶ演出に、ベッドを飛ばす意味や必要性がわからず爆笑してしまいましたw

・・・仕事が相当しんどかったんですね、私。

キスマイのことはもちろん知ってたけど、頭振り回すヤンキーチックなイメージしかなくて*2、今まで知らなかっただけでキスマイって面白いんじゃないか、と思って過去映像を漁ると「Think u x.」でもスクリーンの向こうで腰を回しながら着替える・投げキッスを吹いて飛ばす、という衝撃の演出があって、これは藤ヶ谷さん面白すぎると思ってそこからすっかり藤ヶ谷担です。

 

 

エイトもキスマイも、衝撃wから好きになるってパターンなんですね。

でも、大倉担は11年目、藤ヶ谷担は4年目になってどちらもそれなりに長く続いているので、ビジュアルが好きってだけじゃ続かなかったんだろうなぁと思います。

ここまで長々とした文章を読んでくださった方、もしいらっしゃったらありがとうございました!

*1:「Excite!」に収録されてた東京国際フォーラム公演の頃のアシメヘアが今でも私的に最強のビジュアルだった

*2:完全にFIRE BEATやHairのせいですね

広告を非表示にする